ガンのための自宅で行なうコーヒー浣腸

ガンのための自宅で行なうコーヒー浣腸

ゲルソン療法の一環として知られている「コーヒー浣腸」についてここでは取り上げています。ゲルソン療法の生みの親であるマックス・...

記事を読む

食の重要性がまだまだ認知されていない日本

食の重要性がまだまだ認知されていない日本

マクガバン・レポート 1970年代、アメリカのフォード大統領が誰もが持ちそうな疑問を呈しました。「アメリカは世界一の医療技術を持ってい...

記事を読む

がん細胞が1kgになると人間は死んでしまう

がん細胞が1kgになると人間は死んでしまう

日本人の多くの脅かしているがん細胞ですが、たった1個の細胞だと人体への影響はほとんどありません。ところが、分裂を繰り返し、長い年月を...

記事を読む

お酒で顔が赤くなる人は食道がんや喉のがんの恐れあり

お酒で顔が赤くなる人は食道がんや喉のがんの恐れあり

お酒は私たちの生活に深く関わっています。まったく飲まない人もいますが、多くの人にとって、お酒は楽しみの一つです。人がお酒に強いか弱い...

記事を読む

がんの10年生存率

がんの10年生存率

がん診療、研究を実施する国公立病院など32施設が加盟する全国がんセンター協議会(全がん協)が28種類のがんの10年生存率を公表しました。日本...

記事を読む

第1級発がん性物質「ピロリ菌」のチェック

第1級発がん性物質「ピロリ菌」のチェック

タバコやアスベストと同様、第1級の発がん性物質に指定されているのがピロリ菌です。特にピロリ菌が関係するがんは「胃がん」です。世界の胃...

記事を読む

多くの人が知らない代替療法という選択

多くの人が知らない代替療法という選択

現在の日本におけるがん治療の3本柱は手術・抗がん剤治療・放射線治療です。これががんとの闘いにおける医療現場での主要な武器です...

記事を読む

ガンで亡くなった人と生き続けた人  

ガンで亡くなった人と生き続けた人  

大抵の場合に言えることですが、前向きに、能動的に取り組んだ人はよい結果を刈り取ることが多いようです。逆に、物事を消極的・悲観...

記事を読む

治療法は自分で選ばないと後悔する

治療法は自分で選ばないと後悔する

ほとんどの人は自分ががんになるとは思っていません。いざ「癌である」との告知を受けた段階になって「まさか自分ががんになるなんて」と驚き...

記事を読む

ガンとの関わり 一人で抱え込まない

ガンとの関わり 一人で抱え込まない

「自分はだいじょうぶだろう」多くの人は検査で引っ掛かり、告知されるまでそのように感じていました。このことは大抵の人に...

記事を読む

医者は自分になじみのない治療法を嫌う

医者は自分になじみのない治療法を嫌う

がんの治療法に関して従来のものに加え、目新しいものがポツポツ登場します。ニュースやインターネットなどで今まで自分が聞いたこともないよ...

記事を読む

意外と知られていない植物油のがんリスク

意外と知られていない植物油のがんリスク

かつて「動物性脂肪は体に悪く、植物由来の油は体に良い」というイメージが定着していました。動物性脂肪には肉や乳製品、卵、バター、ラードなど...

記事を読む

減塩でがんが減り、寿命が伸びる

減塩でがんが減り、寿命が伸びる

人間の一生というのは終わりに近づいてみれば、あっという間に感じられます。僅かな残りの日々を愛おしく思いながら、できるだけ長く生きよう...

記事を読む

塩分はがん細胞の好物

塩分はがん細胞の好物

世界で推奨されている人間の塩分摂取量は1日5g(WHO、世界保健機関)とされています。日本人の塩分摂取量は、平均10.4g(厚生労働...

記事を読む

食事療法が効きやすいガンとそうでないガン

食事療法が効きやすいガンとそうでないガン

ゲルソン式食事療法で名高いゲルソン博士はこう述べています。「ゲルソン療法が効果を現すためには最低6ヶ月以上の余命が必要だ」 ...

記事を読む