医者は自分になじみのない治療法を嫌う

医師も人間

がんの治療法に関して従来のものに加え、目新しいものがポツポツ登場します。ニュースやインターネットなどで今まで自分が聞いたこともないような療法に出くわすことがあります。

医師は自分が知らない治療法を否定する傾向がある

自分もしくは家族がガンと闘っているとき、病院で施行される通常の治療以外の方法を試してみたいと思うことがあるでしょうか。

そのような場合、どうしても避けて通れないのが主治医への相談です。かかりつけの病院でカバーされている治療なら患者の「その治療法を試してみたいのですが」という意見も通りやすいでしょう。

しかし、そこの病院で行われていない治療なら少々困難が伴う可能性が高いでしょう。

改善が必要なところですが、ほぼすべての医師は「自分の病院で行っていない治療法を嫌う」という現実があります。これには人間の自然な傾向も加担しています。基本的に人間は自分が知らないものに対して偏見を抱いたり、警戒したりしがちなのです。

たとえそれががんの最新の治療法であったとしても、主治医がそれに馴染みがない場合、拒否反応を示される事が多いのです。

患者がそういった傾向を知らずにあくまで最新の治療法を行ってくれるよう医師に求めるとしたら、おそらく医師の側の次のような反応がみられるでしょう。

  • 「その治療法は今のところ、一般に効果が認められていませんよ」
  • 「どうしてもその治療法を受けたいのなら、そちらの病院へ移られたらどうですか」

理想

理想論になりますが、本来なら患者が望む治療法について調べ、それを受けられるように尽力するのが医師というものです。

相談された治療法が本当に怪しげなものであれば、その根拠や意見を率直に伝えてあげるでしょう。

要は医師が本当に患者のことを考えているかどうかです。本当に患者目線で考えているなら、その患者の提案や要望をすぐに切り捨てるのではなく、まずきちんと向き合うはずです。

患者はガンという重病を抱えながら、相当な権力を持つように見える医師を前に心細い思いをしているのです。

がんは日々成長しますから、見つけた限りは一刻も早く除いてしまいたいものです。医師と喧嘩して時間を浪費している暇などないのです。

といっても、医師もそれまでの苦労があるゆえに今の立ち位置がありますから、プライドがあります。

患者の側もその点を踏まえて、頭を使いましょう。医者があまり知らない治療法を声高にいうと嫌がられますから、「こういう治療法があるときいたのですが…」などと下から下から、できれば本や文献などを見せながら相談するような形にすると聞き入れてもらえる可能性が高まります。

こちらにも権利がありますが、医師にも権利や思いがあるので、うまくバランスをとりながら向き合っていきましょう。