乳がんの検診の種類

検査でみつける

乳がんの検診にはどのようなものがあるのでしょうか。ここではその幾つかの代表的な種類について触れておきます。

触診

乳がんの検診でまず最初に行われるのが触診です。患者は上半身裸になり、椅子に座ったまま、あるいは、ベッドで横になり、チェックしてもらいます。医師はしこりがないか診察します。

また、乳頭のただれや変形、へこみなども入念に調べます。その他、脇の下やリンパ節などの触診も行ないます。患者は何か気になっていることや気づいたことがあればその時に伝えて、より正確な診断に協力することができます。

超音波検査(エコー検査)

超音波検査とは、高い周波数の音波を体内に向けて発信し、臓器や組織の境目に反射して返ってきた反応を画像にしたものです。

超音波検査をしてみたとき、もし乳がんが発生していれば、その大部分は形の整っていない黒い塊のようになって見えます。

これは年齢によって差が出ることがほとんどないため、もし発生していればそれとすぐに見分けがつくというメリットがあります。

また、この後に登場するマンモグラフィの不得意な分野である乳腺組織の豊富な若年層対象の検査にも向いています。

ただし、石灰化した乳がんの発見についてはどちらかというと苦手です。

マンモグラフィ

マンモグラフィとは、放射線(被爆量の極めて少ないX線)を使用して乳房を撮影する方法で、脂肪や軟部組織まで撮影することができます。この検査により、早期発見や腫瘍の良性・悪性の判断を行なうことができます。

肥満気味で胸の大きい人には、乳がん腫瘍と乳腺のコントラストがはっきりとわかるので効果的な検査方法のひとつです。

ただし、30歳以下の若年層に対しては、一般に乳がんの可能性が高くないこと、正常な乳腺と腫瘍との見分けがつきにくいことから、本人の申し出がない限り積極的に用いられることはありません。

MRI・CT

MRI(Magnetic Resonanse Imaging)とは、人体に電磁波をあてて断層撮影をする方法です。

CT検査もマンモグラフィ同様、X線による検査ですが、マンモグラフィでのX線撮影は画像が重なって撮影されるのに対して、CTでは輪切りの断面図で撮影できるので、乳がんの正確な位置の特定に役立ちます。

このように音波やX線や電磁波など、様々なものを体内に照射することにより、乳がんの有無やその広がり具合などがわかるしくみになっています。

細胞診・組織診

乳頭からの分泌物があるとき、特に血が混じっているような場合に分泌物の細胞診を行ないます。これは分泌物の中にがん細胞が混じっていないかその有無を調べるものです。

あるいは、しこりに針を刺して細胞組織をわずかに吸引し、顕微鏡で調べることもあります。また、マンモトーム生検といって、診断がつきにくい微細な石灰化や病変に対し、X線やちょ音波を見ながら組織を採取する方法もあります。