乳がんと診断されたら

病院

乳がんと診断されればどうすればよいでしょうか。ショックも大きいでしょうが、最初にすべきことは、信頼できる専門医を探しにかかることです。

何もしない間にもがん細胞は分裂を繰り返し、日々成長しています。出来る限り早く対処すればその分だけ予後もいいようです。どのように専門医を探すことができますか。

「乳腺外科・乳腺内科」「乳腺外来」などに乳がん専門医はいます。日本乳癌学会のホームページをみると専門医や各地域の病院が紹介されていますので、インターネットで検索してみてみるのも一つの手です。

また、各地域にある総合病院や大学病院などであればたいてい医療の質も高く、専門医も在籍している場合が多いので、受診しやすいかもしれません。

早期段階の乳がんはほぼ完治する病気ですから、医療側の告知もしやすい心理面があります。昔に比べるとインフォームド・コンセント(正しい情報を得た上での治療)も認知が上がっていますから、個々の患者が聞きたいことを聞いても大丈夫な風潮になってきています。

医師と相談

多くの人は自分がにガンになるとは思ってもいませんから、乳がんであるとわかった場合、気が動転して頭のなかが真っ白になるのもうなずけます。

少し時間を置いて、気持ちが落ち着いた時に、現段階でのステージや今後の治療方針について疑問点をまとめて紙にでも書いておき、医師に尋ねてみることができます。

特に治療方法に関して、手術はするのか、もし手術をするなら乳房は温存できるのかなど、納得のいくまで相談することです。女性にとって乳房の切除は精神的なショックが大きいことを過去の切除例は示しているからです。放射線や抗癌剤といった治療方法もあります。

乳がんの場合、検査を受けてからはっきりとした診断が下るまでに少々時間がかかります。複数の検査をすることでより正確な診断が下せるわけですが、その分だけ時間がかかるというわけです。

早く治療を開始したいという焦る気持ちは理解できますが、治療方針は正しい診断があってこそのものです。少々時間をかけてでも正しい診断を下すことが結局は近道となるのです。

乳がんは数週間で急激に成長して悪化するわけではないので、後悔ないようにじっくり病院や治療法を検討しましょう。