がん細胞を自滅へ誘導する海藻成分「フコイダン」

海藻

ガン細胞が自滅するのを促す

フコイダンとは、海藻から抽出された成分であり、がんに対する薬効が確認されているものです。フコイダンは私たちが日頃から食している昆布やワカメ、ひじきなどの海藻類に含まれています。

それらの海藻類に含まれているフコイダンは2種類あり、ひとつは「F-フコイダン」、もうひとつは「U-フコイダン」と名付けられています。

実験において、人間から取り出したガン細胞群にU-フコイダンを添加すると、ガン細胞は縮小してゆき、やがてゼロに近くなったといいます。

人間の身体を形作っている細胞の遺伝子には、もともと「自滅を司令する情報」が組み込まれています。これは、古くなった細胞が新しい細胞と入れ替わる時に発令されるもので、これによって私たちの身体は日々細胞が入れ替わり、新たになっているのです。

U-フコイダンに触れたガン細胞は自ら崩壊しているようで、U-フコイダンはガン細胞の自滅(アポトーシスといわれる)を招く成分であると考えられています。

海藻類にある他の作用

昆布などの海藻類に含まれるフコイダンはガン細胞の自滅を促す効果がある以外にも薬効のあることがわかっています。

たとえば、F-フコイダンは肝臓の組織を再生するのに一役買っており、肝炎を防いだり、肝硬変や肺線維症などの慢性疾患への治療効果があるとのことです。

肝臓への効果や、ガン対策に効果があるということだけでも摂取したい海藻類ですが、他にもまだまだ栄養的な価値があります。以下のようなものが代表例です。

  • 腸内で善玉菌の栄養となり、腸内の環境を整える
  • 水分を吸収して腸のぜん動運動を活発にし、便を柔らかくする
  • 血液中のコレステロールを低下させる
  • 血管年齢を若返らせる
  • 高血圧の改善
  • 胃の炎症や潰瘍の予防・修復

海藻類には、カルシウム、リン、亜鉛、ヨードなどのミネラル、食物繊維、ビタミン類やタンパク質もバランスよく含まれ、まさに「栄養の宝庫」といえます。

また、海藻に含まれる“水溶性食物繊維”は水分を吸うと量が増え、胃の中で膨らむので、満腹感が得られやすく、低カロリーでダイエットにも効果的です。

このようにいいことずくめなので、出来る限り海藻類を食べるようにしましょう。