抗がん作用の野菜たち かぼちゃ・ブロッコリー・大根

大根

がん予防、がん対策に野菜をたくさん食べることは外せませんが、野菜の中でもがんと闘う上でかなり有効なものがあります。ここでは簡単にかぼちゃとブロッコリーと大根に注目しています。

かぼちゃ

夏が旬のかぼちゃはどのようにがん対策になるのでしょうか。かぼちゃの実の色は黄色ですが、この黄色い色素の成分であるカロテンは、体内に入った時に必要な分だけビタミンAに変わります。

ビタミンAは抗がん作用があり、特に皮膚がん、食道がん、肺がんに対する抗がん作用があるといわれています。

ほかに、かぼちゃにはミネラル成分も含まれています。その一種であるセレンやフェノールは発がん予防成分です。

これらは皮に多く含まれていますから、皮を調理段階ですべて切り取って捨ててしまわないようにしたいものです。ぜひ皮付きで食べてがん予防をしてまいりましょう。

ブロッコリー

寒い冬の夕食にシチューはとてもよくあいますが、その具材にうってつけなのがブロッコリーです。冬に安く出回り、おいしく食べられているブロッコリーもがん予防効果の期待できる野菜です。

ブロッコリーにはイソチオシアネートの一種であるスルフォラファンという成分が含まれていますが、これはどのようにがん予防になるのでしょうか。

スルフォラファンは、解毒酵素の働きを活性化したり、活性酵素の働きを阻害したりして、細胞のがん化を防ぎます。

スルフォラファンは、細胞が壊れるときに生成されるものですから、食べるときはよく噛むようにしましょう。

ブロッコリーには、カロテンや各種ビタミン、酵素、葉緑素などが豊富に含まれているため、がん予防効果が野菜の中でも高い優れものです。

また、ブロッコリーの芽は、成熟したブロッコリーよりも発がん物質を解毒する酵素の活性が30~50倍も高いとされています。ですから、ブロッコリーの芽を積極的に摂ることもおすすめです。

ブロッコリーに含まれている水溶性のビタミンが多く失われてしまわないよう、ゆでるときは短時間で行なうと、より効率的に栄養素を摂ることができます。

大根

今度は、ブロッコリー同様、冬が旬の根菜である大根についてみてみましょう。

大根には独特の辛味成分があります。これには殺菌作用のほか、強力な抗酸化物質としてがん予防や血栓形成防止の効果があります。

また、大根に含まれるジアスターゼという成分は、でんぷんの分解酵素アミラーゼを含む消化酵素の総称です。これは、白血球を活性化して、発がん物質を抑えてくれます。

また、大根には発がん性がある魚の焼き焦げを解毒するオキシダーゼ酵素も豊富に含まれています。すりおろして、大根の細胞をバラバラにするとたくさん生成されるため、すりおろした大根と焼き魚がセットになっているのはとても理想的なことです。

ここでは、3種類の野菜に注目しましたが、がん予防効果の高い野菜は夏が旬のものも、冬が旬のものもあります。つまるところ、1年中を通して様々な野菜を積極的に食べることにより、がんと闘う上でより強い身体を作ることができるのです。ぜひとも意識して食べるようにしましょう。