がんについて考えよう セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

がんになるのは他でもない自分自身の身体です。最初に診てもらった病院で納得のいく説明をしてもらえなかったり、さらに情報を聞いてみたい、他の医師の見解も知りたいと思うかもしれません。

そのような場合、「セカンドオピニオン」を受けることができます。セカンドオピニオンとは、最初に診てもらった医師以外の専門的な知識を持った他の医師に求める「意見」、または「意見を求める行為」を意味しています。

最近ではインフォームド・コンセント(説明と同意)に基づく患者主体の治療が日本においても浸透しつつあります。かつての医師主体のいわば、任せっきりの治療方針は変わりつつあります。

早めの行動

自分のがんについて最初に告げられた診断に疑問があるでしょうか。何か迷っているでしょうか。ではその時間がもったいないのでセカンドオピニオンを受けましょう。確かな情報は多いほうが良い選択ができます。迷っている間にもガンは元気に成長し続けています。

有名な病院は手術待ちの患者も多く、手術予定日が何日も、あるいは、何ヶ月待ちということも十分あります。普段はおっとりした性格でも、この時ばかりはのんびりしていたり、躊躇している暇はありません。

がんは進行性の病気なので、発見されたなら、治療を始めるまでの時間をどれだけ短くできるかが一つの勝負です。診断がついたなら、遅くとも1~2ヶ月以内には治療開始にこぎつけたいところです。

紹介状をもらう

「セカンドオピニオンを受けたい」と医師に告げるのはマナーのひとつです。患者がセカンドオピニオンを受けたいと言われて気分を害してしまうような医師に自分の体を傷つけられるのは問題です。

発行してもらえる紹介状には、担当医が観察したこれまでの経緯と、病状などが記入されており、レントゲン写真なども借りることができます。

セカンドオピニオンでかかった病院にその情報を持ち込むことにより、二重検査の手間と無駄を省くことができます。

最初の担当医に知り合いの医師などの頼りになるツテがあるかもしれません。他の医師の意見も聞いてみたいと思うなら、早い段階で紹介状をもらって行動しましょう。

セカンドオピニオンができないとき

最近は患者主体の治療が主流になっていますが、セカンドオピニオンを受け付けてもらえない場合があります。それはどのような時でしょうか。以下のような場合が考えられます。

  • 主治医が了解していないとき
  • 主治医が了解したものの、指定された資料や検査データ、レントゲン写真の提出に応じない
  • 主治医に対する感情的な不満や医療過誤・裁判にかかわる相談の場合など
  • 専門外の相談
  • 予約外
  • 医療費のことや医療給付金に関わる相談など
  • すでに亡くなってしまった患者についての相談など

最近では、セカンドオピニオンの増加に伴い、「セカンドオピニオン外来」なるものも存在します。そのようなところでは、相談専門に扱い、質問に答え、様々な治療法を紹介してくれます。ただし、手術や検査など医療行為には関わりません。主により多くの情報がほしい時に利用することができます。

どんながんにせよ、がんの告知を受けた患者自身が納得できなければ、ほかの病院や医師を求めて行動するのは当然のことです。何かあった時に、術後の経過の中で後悔するのは大抵の場合、医師ではありません。患者本人です。

何年も経過してから振り返ってみた時、「あのときやってよかった」と思えるのがセカンドオピニオンかもしれないのです。