ハムやウインナーやソーセージが大腸がんリスクを高める

加工肉

かつてない「がん」の増加、日本人の2人に1人は生涯のどこかで発症すると言われています。この発症率の高さには、ストレス社会や発がん性のある食べ物を取り入れることが関係しています。

今回はそんな中でもソーセージやハムなどの加工肉とがんとの関連性について注目しています。

WHO(世界保健機関)の専門組織である国際がん研究機関は2015年10月26日、ウインナーなどの加工肉が「がんのリスクを高める」という調査結果を発表し、過剰な摂取を警告しました。

ウインナー1日3本

発表された内容によりますと、ハムやソーセージなどの加工肉を毎日50gずつ食べた場合、大腸がんになるリスクが18%増えるということです。

加工肉50gというと、だいたいどのくらいの量でしょうか。ウインナーであれば1本あたり20g前後が平均的な重量です。ですから、ウインナーを1日3本食べれば大腸がんリスクが18%以上増えるということです。

そのような加工肉の発がん性はどれほど強力でしょうか。

国際がん研究機関は加工肉の発がん性の評価を、喫煙やアスベストと同じ最高レベルに分類しました。

タバコを吸わないから肺がんのリスクは少ないと思っていながら、毎朝食に食パンや卵と一緒にウインナー2~3本食べて大腸がんリスクを高めていたのでは片手落ちということになりかねません。

エサやホルモン剤に問題

国際がん研究機関によりますと、加工品ではない牛肉や豚肉など哺乳類の肉にも「恐らく発がん性がある」という結論を出しています。これらには、家畜のエサに発ガン性の恐れの高いものが使用されている点が関係していると考えられています。

残念ながら人間が直接口にする食品とは違い、家畜が口にするものの規制はそれほど厳しくないのが現状で、人体に及ぼす影響よりも利益追求のほうが優先されています。

ホルモン剤のこともあります。食肉用の家畜飼育時に成長促進目的にホルモン剤の投与されますが、どうしてもこれが残留し、人の口から入ってしまうことは否めません。

何も口にできない?

現代社会において、このような食品と発がん性の問題は切っても切れない関係にあります。ですから私たちが生きていて食事をする限り、どうしてもどこかで口に入ってしまいます。あまりにも厳格に制限すれば、食べるものがなくなり、何も口にできなくなってしまいます。

元来、肉や加工肉は栄養価が高いものでもあります。貴重な動物性たんぱくや良質なアミノ酸、ビタミン・ミネラル類が摂取できるのです。

今回の調査結果を公表した国際がん研究機関もその点を認め、「利点と危険のバランスを取った食事が大切」と過剰摂取に警鐘を鳴らしています。

ますます人気を博す加工肉

2013年の国民健康・栄養調査によりますと、日本人の加工肉摂取量は1日当たり13gで、「世界的にみて最も摂取量の低い国の一つ」とされています。

そんなハムやウインナーですが、日本においてますます人気を高めているようです。

加工肉の販売大手であるプリマハムの2015年4~9月期の連結経常利益は47億円前後と、前年同期に比べて約16%増加したとのことです。

4~9月期としては過去最高益を更新しました。従来予想は45億円とのことでしたから、予想以上に売れ行きが良いということを表しています。

たしかに、美味しくて栄養もあり、手軽に調理でき、保存もきくわけですから、今後その需要はますます増加してゆくのではないかと考えられます。

ですから、今回指摘されたような事柄もどこかで気にしつつ、バランスをとって自分自身の健康を大切にしてゆきましょう。