ノンレム睡眠で免疫力をアップしてガン対策

ノンレム睡眠を取りましょう

睡眠と免疫系

睡眠によって免疫力が維持・向上することは以前から知られています。

人間の体は、たとえば風邪を引いたり、インフルエンザなどにかかると、普段は不眠に悩むような人であっても、よく眠れるようになっています。

これは、風邪薬のおかげもありますが、それだけでなく、感染すると体が睡眠を多くとる仕組みが備わっているためです。

身体がウイルス感染したり、ガン化した細胞が出現すると、インターロイキンやプロスタグランジンD2、TNF(腫瘍壊死因子)といったサイトカイン(免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質で、特定の細胞に情報伝達をするもの)が血液中に放出されます。

これらのサイトカインは、免疫反応を促すとともに、ノンレム睡眠(ぐっすりと熟睡し、脳が休んでいる状態)を増やします。そうすることで体を休ませ、ウイルスや腫瘍との闘いをできるだけ有利に運ぼうとするのです。

また、がん細胞やウイルスを攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、睡眠不足によって影響を受け、その働きが低下してしまいます。十分に睡眠がとれていると活発に働いてくれます。

眠っている間は、身体や脳がリラックスした状態にあり、副交感神経が働いています。この時は、ナチュラルキラー細胞やヘルパーT細胞といった免疫細胞の働きが活発になります。免疫細胞の働きが活発であればガン細胞をしっかりと攻撃してくれます。

こうしたことからもよく眠るというのはがん対策として誰でも無料でできる有効な方法なのです。

質の良い睡眠とはノンレム睡眠をしっかりとること

同じ睡眠にしても質の善し悪しがあります。質の良い睡眠とはノンレム睡眠をしっかり取ることです。睡眠にはノンレム睡眠(脳の眠り)とレム睡眠(身体の眠り)の2種類があります。

これら2つのうち、重要なのは脳を休めるノンレム睡眠です。レム睡眠が不足すると気分や眠気などに多少の影響がある程度ですが、ノンレム睡眠を奪われた場合、たちまち認知機能に障害をきたし、強い眠気を催します。

レム睡眠が取れなくても生存に直接影響を与えることはほとんどありませんが、ノンレム睡眠を奪われると、人間を含め、たいていの生き物は2週間以内に死んでしまいます。

それほど脳を休めるノンレム睡眠は大切です。このノンレム睡眠をとれるかどうかが質の良い睡眠か否かの分かれ道となり、ひいてはガン耐性のある身体作りに関係してきます。

このように、私たちが起きている間も眠っている間も身体はガンと闘ってくれています。これからもガンに勝てるよう、しっかりと睡眠で自分自身の身体をサポートしていきましょう。