乳がんのステージ

前進

乳がんはその広がり、しこりの大きさ、転移の有無などにより、大きく5つのステージ(Tis~Ⅳ期に分類されます。この病期の進行度合いに応じて治療法が変わってきます。

Tis期

Tis(ティス)期は、乳がんが発生した乳管・小葉の中に留まっているもので、極めて早期の乳がんといわれています。これを「非浸潤(ひしんじゅん)がん」といいます。

Ⅰ期

乳がんのⅠ期は、しこりの大きさが2cm以下で、脇の下のリンパ節への転移がない状態です。乳房以外のところにはがんができていない初期のがんです。

Ⅱ期

Ⅱ期は、ⅡA期とⅡB期に分類されます。

ⅡA期というのは、以下の2つの状態をいいます。

  1. しこりの大きさが2cm以下で、脇の下のリンパ節への転移がある状態
  2. しこりの大きさは2~5cmですが、脇の下のリンパ節への転移がない状態

ⅡB期は、しこりの大きさが2~5cmで、脇の下のリンパ節への転移がある状態をいいます。

Ⅲ期

Ⅲ期は別名「局所進行乳がん」とも呼ばれ、局部的に乳がんが進行している状態であり、ⅢA期、ⅢB期、ⅢC期に分けられます。

ⅢA期は、以下の3つの状態をいいます。

  • しこりの大きさが2cm以下で、脇の下のリンパ節への転移があり、かつ、リンパ節同士がしっかりと結合していたり、周辺の組織に癒着している状態
  • しこりの大きさが2cm以下で、脇の下のリンパ節への転移はないものの、胸骨の外側のリンパ節(胸骨傍リンパ節)に転移がある状態
  • 脇の下のリンパ節・胸骨傍リンパ節への転移の有無にかかわらず、しこりの大きさが5cm以上である状態

ⅢB期は、しこりの大きさにリンパ節への転移の有無にかかわらず、がん細胞が胸壁にしっかりと結合している状態をいいます。また、しこりによって皮膚の変形(皮膚表面のもりあがり、崩れ、むくみなど)が認められる状態です。

ⅢC期は、しこりの大きさにかかわらず、脇の下のリンパ節と胸骨傍リンパ節の両方への転移、もしくは、鎖骨周辺リンパ節への転移が認めれられる状態です。つながっている近くのリンパ節へ転移しており、発生から時間の経った状態です。

Ⅳ期

発見が遅れたり、放置しておくと最終段階であるⅣ期に至ります。Ⅳ期は、乳がんが身体の他の部位に転移して広がった状態で、骨、肺、肝臓、脳といった重要なところへの転移がしばしば生じます。

上記のように分類される乳がんですが、大前提として早期発見が欠かせません。もし、発見が遅れてしまった場合、特に病期が進んでいるほど、自分が乳がんになってしまったというショックにさらなるダメージを増し加えてしまいます。

後悔や悲嘆はつきものですが、嘆いている間も乳がんは成長し続けています。闘わなければ自然の成り行きとしてがんが勝利してしまいますから、そのようなことにならないよう、共に闘っている家族や友人、まだ見ぬ全国の乳がん患者と力を合わせて向き合ってまいりましょう。