体温が1℃下がると免疫力は30%低下する

入浴

がんとの闘いにおいて人間の身体に備わっている免疫力の働きを抜きに考えることはできません。この免疫力がなければ私たちはすぐにがんを発症し、その勢いを止めることは不可能でしょう。

ここでは、免疫力を下げないためにできることとして、体温の保持に注目しています。

1℃下がるだけで免疫力は30%低下

じつは人間の体温と免疫力は深いつながりがあります。なぜなら体温が1℃下がると免疫力は30%も低くなるからです。

現代人は低体温の人が多くなっています。通常、健康とされる人間の体温は26.5~37.1℃といわれています。計測してみると、多くの人がこれより低い体温なのです。

最近の健康法のひとつに、「からだを温める」「体温を上げる」というものがあります。これらは人気を博していますが、その温床には低体温の人が多いという要因があります。ほとんどん人が健康的な体温であれば、これらの健康法に人気など出るはずがありません。

ですから、自らの体温のことを気にかける必要があります。保温に気を配って血流を保つことが免疫力の維持につながり、ひいてはがんとの闘いを有利に推し進めるのに関係しているからです。

入浴の習慣

とはいえ、忙しい毎日の中で、自分の体温のことばかりを考えているわけにはいきません。そこで考慮したいのが「入浴の習慣」です。

火山国の日本においては、古来より入浴の習慣があります。温かいお湯に浸かり、全身を温め清潔にし、リラックスして疲れを取るのです。もちろん、体温も上げてくれます。

若い人にはお湯に浸からずにシャワーだけで済ませてしまう人が増加しているようです。手軽でさっと済ませてしまうことができるというメリットがありますが、それでは体温が十分に上昇せず、低体温のままです。

入浴により身体が温められれば、血流がよくなり、免疫力が高まります。その結果、免疫細胞ががん細胞などの異物を攻撃しやすくなるのです。

1日に5000も発生するといわれるがん細胞を除去するためには、1日のうち、どこかで体温を上げる習慣を持っておくことが助けになります。

1日の終わりに入浴するスタイルの人いますし、朝風呂が好きな人もいます。時間帯は特にいつでもいいので、生活リズムに合わせて毎日1回はゆっくり入浴し、体を温めて免疫力を上げる習慣を持つようにしましょう。

湯冷めに注意

入浴のあとは湯冷めで体温が必要以上に失われる可能性があります。湯冷めで風邪をひくというのは、急激な体温低下に伴い、免疫力が低下することと関係しています。

せっかく入浴で体を温めたのに、湯冷めで体を冷ましてしまわないよう注意しましょう。冬場は特に冷えますから、入浴の前後だけでなく、普段から腹巻きやマフラー、マスクなどをして、体温が逃げないように気を配ってまいりましょう。